貯金箱が満タンの時に役立つ銀行に小銭を持ってく時のお得な裏技!

生活
この記事は約6分で読めます。

あなたは貯金箱に小銭を

貯金したりしていますか?

 

私は週1回日曜日に

お財布に入っている小銭を

全て貯金箱に入れています。

 

これが意外に結構貯まるんですよ!!

 

 

でも、

この貯金箱がいっぱいになったら、

 

どうしますか?

 

 

手段としては

たぶんこの2つの方法があると思います。

 

  • 銀行で両替する
  • 銀行で入金する

 

 

この方法で貯金箱に貯まった小銭を

片付けることができます。

 

でも、この2つの方法って

 

気を付けないと

手数料がかかってしまう可能性もあるんです!

 

 

というのも、

両替だと手数料が取られるコトがあり、

入金してから引き出すなら、

手数料が取られないようにできるんです。

 

それを本文で詳しくご紹介していきますね♪

 

私がいつも実践している方法も

合わせてご紹介していきますので、

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

貯金箱の小銭を銀行で両替すると手数料がかかる!?

 

早速本題に入りたいと思います!

 

貯金箱の小銭が貯まって

銀行で両替したいという場合、

実は気を付けていただきたいことがあります。

 

 

それは「手数料がかかる場合がある」ということです。

 

 

多くの銀行では、窓口で小銭を両替する場合、

一定枚数を超えた時点から、枚数に応じて

手数料が加算されることが多いのです。

 

 

例えば…

みずほ銀行の場合ですが、

 

 

窓口での両替

 

硬貨1~30枚なら手数料無料です。

ただし、みずほ銀行の口座を持っている場合に限る、

口座を所有していない場合は手数料324円)

 

硬貨31~100枚なら手数料324円で、

硬貨101~500枚なら手数料432円です。

 

 

両替機での両替

 

1~500枚の場合、

1回目は手数料無料

2回目以降は手数料200円

 

501~1,000枚の場合は、手数料400円

 

というように、手数料が生じます。

 

詳しくはこちら↓

お客さまがお探しのページが見つかりませんでした | みずほ銀行
お客さまがお探しのページは見つかりませんでした。

 

 

ほとんどの銀行は手数料がかかるので、

一度確認してみると良いでしょう。

 

 

手数料がかかるなら、銀行に持って行くのを

やめようかな…と諦めようとしているそこのあなた!!

諦めるのはまだ早いですよ~♪

 

次項を見て下さいね!

 

 

貯金箱の小銭は銀行で入金を!そのメリットと注意点

 

銀行での両替には手数料がかかりますが、

「入金」には手数料がかかりません。

 

入金して引き出せば、両替手数料などが

かからずに紙幣で取り出すことができますよ♪

 

 

入金方法としては、銀行内のATMに

小銭を入金する機能がついているものもありますし、

窓口でも対応してもらうこともできます。

 

ただし、どちらも注意事項があるので

ご紹介しますね!

 

 

ATMで入金する場合

 

ATMの硬貨投入口には、

枚数制限がある場合もあります。

 

一度で入りきらない場合は、数回に分けて

投入する必要があります。

 

 

窓口で入金する場合

 

窓口で入金してもらう場合、窓口の方が

機械で枚数を数えてくれることが多いのですが、

自分で枚数を記入してくださいと

言われることもあります。

 

その場合は、自分で数えなければならないので、

かなり大変な思いをすることになるでしょう。

 

そうならないためにも、まずは各銀行に

問い合わせる必要がありますね!

 

 

あらかじめ問い合わせて確認しておけば、

「自分で数えるの~!?」なんて

慌てることもないですよね。

 

 

ちなみに、ゆうちょ銀行でお願いしたときは、

窓口の方が機械で計算してくれた記憶があります。

 

ただし、店舗によって異なる場合もありますので、

必ず確認することをおすすめします!

 

 

貯金箱の裏技!銀行で小銭を両替する前にやると便利な事!

 

既にお話したとおり、

貯金箱に貯まった小銭は、

銀行で「両替」「入金」してもらう

という方法があります。

 

 

しか~し!!

 

これを行う前に、

やっておくと便利なことがあります♪

 

 

ここからは、私が独自に行っていることなのですが…

 

我が家は現在3歳と4歳の子供が

保育園に通っています。

 

保育園では月の終わりごろに

保育料や月刊誌代などをまとめて請求します。

 

この際に、先生から言われるのが、

「おつりが出ないようにお願いします」という言葉。

 

そうなんです。毎回おつりが出ないように

なんとかきっちり小銭まで揃えなくては

いけません。

 

毎回、用意するのが大変だった私は…

 

貯金箱をひっくり返すこともしばしば。。。

 

その時、ピーンと来たんです!!

 

「こうやって毎回貯金箱をひっくり返すのは大変!!」

硬貨別に一定枚数をよけておけば良いのでは?

 

 

これはとても実用的ですよ~。

 

保育料だけでなく、

宅配便などの時にも活用できます。

 

 

小銭までピッタリ用意できれば、

何事もスムーズに事が進みますからね♪

 

小銭を銀行で両替や入金をする前に、

ぜひ使うであろう一定枚数を

手元に残しておいてみて下さいね!

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

貯金箱に貯まった小銭をどうすれば良いのか、

参考になりましたか?

 

小銭貯金は始めると、

なかなかやめられなくなりますので、

ぜひ今回の内容を頭の片隅にでも入れておいて下さいね♪

 

あと、必要な場合は、

小銭を手元によけておくこともお忘れなく!

タイトルとURLをコピーしました