アボカドを切ったら茶色でも食べてOK?茶色くないものを選ぶには?

料理
この記事は約7分で読めます。

世界一栄養価の高いスーパーフードアボカド

 

最近ではディップにしたり、

サラダに入れたりスムージーにしたり、

何かと出番が多くなりました。

 

 

ところがスーパーでアボカドを買ってきて

いざ食べようとすると、実が全体的に

茶色っぽくなっていたり、黒い筋が出ていたり、

なんてコトが結構あります。

 

ガッカリですね。しかもこれって

食べても大丈夫なんでしょうか?

 

 

結論から言いますと、

食べても大丈夫です!

 

ただし、味は落ちてしまいます。

 

 

これらは

保存状態がアボカドに合ってなかったり、

追熟がうまくできなかったりすると

出る症状なのです。

 

せっかく買ったのに、

これでは食べたくなってしまいますよね?

 

 

美味しいアボカドを見分けるには、

 

  • 皮が黒みがかった緑色で実の表面に弾力があるものを選ぶ
  • ヘタが取れていないものを選ぶ

 

この2点をチェックしてみてください。

 

 

そんなに慎重に選んでみてもやはり切ってみたら

茶色かった、ということもあります。

 

それではどうしてアボカドは実が茶色くなったり

黒い筋が出たりするのでしょうか?

 

 

アボカドを切ったら茶色ではない美味しいものの見分け方!

 

美味しいアボカドを食べようと思って買ってきたら

何個かに1個はハズレ。

 

何度となく悔しい思いをしてきました。

 

 

選ぶのが難しいアボカド。

美味しいアボカドはどのように見分けるのでしょうか?

 

 

見分け方はこちら。。。

 

 

皮が黒みがかった緑色で実の表面に弾力があるもの

 

張りのないものは水分が抜けて

味が落ちているか、実が黒くなって

傷んでいることが多いです。

 

 

ヘタが取れていないかチェック

 

ヘタが取れていると空気に触れてしまうので

酸化しやすくなります。

 

 

でも、どんなに慎重に選んでみたところで

切ってみないとわからない、

というのが実情です。

 

 

切ってみると実が茶色がかっていたり、

黒い筋が出ていたり。

 

この黒い筋ってなんなのでしょう??

 

 

実は黒い筋、種に栄養を運ぶ管なのです。

アボカドにとっては重要なものなのですね。

 

実の部分よりも酸化しやすく、

そのために実はきれいな黄緑色

なんだけど黒い筋が。。。ということになります。

 

これはポリフェノールが酸化してメラニンが

作られることにより筋が変色してしまうからです。

 

 

アボカドは食べごろを見分けるのが難しいうえ

5度以下で保存をすると低温障害を起こします。

 

まだ使わないからといって、

とりあえず冷蔵庫に入れておくと

低温障害を起こし、

実が茶色くなるということもあります。

 

かといって食べ時がわからず、

しばらく常温で置いておくと

追熟しすぎて切った時は

茶色になっていたりもします。

 

 

なかなかに厄介ですね、アボカド。

 

ただ茶色になっているものは見た目も悪く

味は当然落ちますが、

食べることに全く問題はありません。

 

腐っていたらニオイがするので

すぐわかるかと思います。

 

 

なるべくなら

状態のいいものを買ってきて、

すぐに食べることをおすすめします!

 

 

切ったアボカドの品質を落とさないオススメの保存方法!

 

アボカドに限らず果物は酸化しやすいものです。

 

切ってしまったらなるべく食べきるのが

理想なのですが、

一人暮らしでどうしても食べきれない、

などといった場合には

このような方法で保存してください。

 

 

レモン汁をふりかけ

なるべく空気に触れないように

ラップでおおい保存する。

 

レモン汁は酸化を止める効果があります。

 

そのうえラップで空気に触れないようにしておけば

1~2日は冷蔵庫保存して大丈夫です。

 

もっと長期間保存したい場合は

冷凍庫にいれておきましょう。

 

 

アボカドは世界一栄養価の高い果物!その栄養素とは?

 

最近では国産のものもありますが、

日本で流通するほとんどのアボカドがメキシコ産です。

 

 

南米では数百年以上前から

栽培がはじまっていたアボカド。

 

その姿からワニナシと呼ばれることもあります。

 

 

サラダやディップなどに使うので

野菜だと思っていることも多いでしょうが、

実は果物です。

 

世界一栄養価の高い果物としてギネスブックにも

登録されているのです。

 

 

脂肪分が豊富なことから「森のバター」とも

呼ばれていますよね。

 

その中身ですが、アボカドに含まれる脂肪の

ほとんどが不飽和脂肪酸です。

 

その不飽和脂肪酸の中に含まれる

オレイン酸やリノール酸は

悪玉コレステロールを下げる働きがあります。

 

 

ビタミンEも多く含まれています。

 

ビタミンEの抗酸化作用は

アンチエイジングにも効果があります。

 

 

果肉には嬉しいことにたんぱく質も多く、

その中には体内で合成することのできない

必須アミノ酸も含まれています。

 

カリウムも多く含まれ、

食品中トップクラスの含有量です。

カリウムは血圧を下げる効果があります。

 

 

また食物繊維も水に溶けにくい不溶性、

水に溶けやすい水溶性のどちらも含まれています。

 

水溶性の食物繊維は腸内環境を良くし

便秘などに効果的です。

 

 

これを聞くだけでも女性がアボカドを好んで

食べる理由がよくわかります。

 

ただアボカド1個は

お茶碗1個以上のカロリーがあるので

食べすぎには注意をしてくださいね。

 

 

まとめ

 

我が家の食卓には週2回アボカドが出ています。

 

切って醤油をかけるだけで1品できてしまうんです。

笑ってしまうぐらいお手軽です。

 

 

そんなにお手軽なのに栄養が世界一豊富となると、

利用しない手はありません。

 

 

一人暮らしでご飯を作るのが大変なあなた、

家族の食事を作るのに頭を悩ましている主婦のあなた、

 

美味しいアボカドを見分けてこの世界一のスーパーフードを

上手に取り入れてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました