【約ネバ実写化⁈】またまた漫画原作を実写化!人気女優起用

映画・アニメ
この記事は約4分で読めます。

実写化はないのでは?と噂されていた、約ネバですが、実写化が発表されました。
人気女優の浜辺美波さんが主演するようです。

約束のネバーランド実写化!

約ネバは、少年ジャンプの作品でアニメ化されて、今回実写化となりました。

『約束のネバーランド』原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか。
母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。
ここグレイス=フィールドハウスは小さな孤児院。至って平穏なこのハウスでささやかながらも幸せな毎日を送る三人の主人公エマ、ノーマン、レイ。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた・・・子供達を待つ数奇な運命とは・・・!?
引用:少年ジャンプ

2020年冬に公開予定ですので、楽しみにしている方もいますが、おすすめできないという方も多いようです。

 

画原作の実写化が続くわけ

一言で言えば収益に繋がりやすいからです。
特に少年ジャンプのような人気漫画は、掲載できるだけでとても難易度の高い雑誌です。
なので、アニメ化する可能性も高く、実写化するということは、売れるとい前提で製作するわけですね。
アニメ、実写のような業界だけじゃなく、仕事として当たり前のことではありますが、利益だけじゃなく一番は、観たいと思っているファンのために制作するということですね。
とは言っても、今回の約ネバは、原作と違くなるという声もあり、観る側としては、別物として観るということで考えなければなりません。

 

 

 

ファンの反応は?

「世界観が崩壊しそう」「今からでもやめて欲しい」「エイプリルフール企画なら良かったのに」など、SNSでも否定的な意見が目立ちました。
そうなりますよね…、今までもそのような作品が多数あったから、ファンから否定的な意見が飛び交っているのではないでしょうか?
取りあえずは、約ネバの実写化を観てから、どのような反応がファンから出るかですね。

まとめ

実写化により原作では12歳のエマたちが、16歳設定に変更になったことや世界観を再現するのは難しいという点がファンから受け入れられていないようです。
日本の映画界では小学生を主演させることは現状難しいために、原作の設定を変更しているようです。
設定は変わってしまいますが、世界観が再現されることを願っています。

   

タイトルとURLをコピーしました